私たちは本物の塗装職人の集まりです

 

弊社は平成13年より地元の東京都品川区で塗装工事専門店清水塗装として営業を開始し、平成20年に株式会社ノアーズリフォームとして法人化いたしました。

地域の皆様に支えて頂き、今現在の私たちがあります。その感謝の心を忘れずに、品川区はもとより近隣地域の皆様の塗装工事のお手伝いが、しっかりとできるように日々技術力を磨いております。

「私たちが東京中の建物を綺麗にする!」を目標に掲げ、塗装工事でできる町の美化活動を進めています。

 

■ 東京都知事発行の特定建設業許可を16業種取得。

■ 国家検定一級塗装技能士が施工管理します。          

■ 一級建築士、一級建築施工管理技士による徹底管理で品質の向上をお約束。

■ 工程写真付き報告書を作成。手抜きの無い誠実な工事を保証します。

■ 御見積もり・戸建外壁建物診断無料。(相見積もり歓迎)お気軽にご相談ください。

■ ご近所様への説明・ご挨拶も担当者が責任を持って行います。

■ 工事完了後1年点検はもちろん、各種アフターフォローは迅速に対応いたします。

■ 最高180回までの分割払い対応。

■ 最長10年のロング保証

 

定期的な外壁塗装の必要性

 

建物の外壁に施されている塗装には、見た目を綺麗に保つという役目以外に、もっと重要な役目があることを知っていますでしょうか?

建物は色々な種類の構造があり、その特性は多種多様です。大きく分けると木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造などがあります。

それら3種類の建物で全てに共通していることがあります。それは外壁の表面にかかる雨・風・太陽光によるダメージから塗装塗膜により守られているということです。

しかし、その塗膜にはやはり寿命があります。塗料の種類によっても異なるのですが、ウレタン塗料で8年〜10年、シリコン塗料で10年〜12年、フッソ塗料で15年〜20年というのが一般的な目安です。

長い年月による雨風、太陽光により塗膜が劣化してくるとチョーキング現象といって塗膜表面の艶が無くなり風化してきます。触ると写真のように手に粉が付いて真っ白になります。こうなると外壁の保護性能が失われているサインです。塗装が必要な時期かどうかを判断するひとつの目安になります。

そして、建物の外壁材の継目や窓周りなどに施されているシーリングというゴム状のものがあります。初めは柔らかく柔軟性があり、地震や風などを原因とした建物の揺れにも追従してひび割れが入ることはないのですが、経年劣化により硬化して柔軟性が失われるとヒビが入ってしまいます。そうなると雨水の侵入を許してしまう事となり漏水が発生してしまいます。

建物はこのように常に外部からのリスクにさらされているのです。それらの脅威から建物を守り寿命を延ばす為に行うのが塗装工事なのです。

塗装工事は通常10年〜15年のサイクルで行います。定期的な点検を行う事で次の塗装工事の実施時期を見極めることが必要です。

 

基本仕様4度塗りの高品質

 

「外壁がかなり傷んでいたので、高いお金を出して最高級の塗料で塗ってもらったけど、半年もしないうちに剥がれてきてしまった。」

このような悲しい声をたびたび聞きます。

このような失敗例の約6割のケースが屋上などの笠木金物のジョイント部分のズレやシーリングの施工ミスなどで漏水が発生し、外壁の内部に水が入り込んでしまうことで、塗膜が風船のように膨れて剥がれてしまうなど、塗装工程以外の部分に起因するものです。

そして残りの4割のケースは新塗膜と下地との接着不良が原因なのです。

長期間メンテナンスを行なっていなかった建物の外壁は劣化が激しいケースがあります。劣化の激しい外壁面は表面の撥水性が失われています。そのような部分に下塗り材を1度塗っても、すぐに下地に吸い込まれてしまって外壁の表面で下塗り塗膜を形成できません。その結果、外壁と上塗材との密着性を確実なものにすることができずに、上塗り材がすぐに剥がれてしまうということが起こるのです。そんなことになったらせっかく高いお金を出して塗装工事をしたのに残念ですよね。

ノアーズリフォームでは、ほとんどの塗装店が下塗り材を1度塗りで終わらせてしまうところを2度塗りします。トップコートを含めると全部で4工程となります。そのようにひと手間をかける事で外壁下地との密着性を向上させ、結果的に同じ塗料を使っても通常より長持ちさせることができるのです。

下地調整・補修の重要度

 

外壁塗装工事とひとことで言っても奥が深く、一般の方は表面の仕上がりだけに目が行きがちですが、本当に大事なのは、工事が終わると見えなくなってしまう下地補修の工程の部分です。

下地補修とは、地震や風による建物の揺れや乾燥収縮などで、躯体コンクリートやモルタル下地に入ったひび割れ(クラック)、またはモルタル下地や塗膜が浮いていたり、剥がれてしまっていたりする部分を塗装工程前に綺麗な状態に修正するものです。

この下地補修の工程をおろそかにしてしまうと、せっかく高級な塗料を上塗り材に使ってもすぐにひび割れが再発生したり、下地モルタルの剥離が進行するなどの不具合が起こる可能性が高くなります。既に漏水が発生している建物の場合は特に注意が必要です。

 

ノアーズリフォームではこれらの工程を確実に遂行するために、一級建築士、一級建築施工管理技士による工程管理と品質管理を徹底して行います。お客様にとって大イベントの塗装工事が満足の下に終えることができるように最大限の努力をするとともに最大限の技術力を発揮致します。

 

塗装工事に関する国家資格

 

建物の塗装工事に関わる主な免許・資格には一級建築士、一級建築施工管理技士、一級塗装技能士などがあります。一級建築士は設計監理・施工管理のプロフェッショナル、一級建築施工管理技士は施工管理のプロフェッショナルとして認識されています。一級塗装技能士は実際に塗装工事の現場で作業する職人さんの技術力を証明する技能検定資格です。

塗装工事とひとことで言っても、その工程には足場を組む鳶さん、外壁の下地補修やバルコニー防水などを行なう防水屋さん、シーリング屋さん、塗装屋さん、場合によっては左官屋さん、屋根屋さん、大工さんなど様々な業種の職人さんが関わっています。塗装工事を本当に良いものとするためには、それらの異業種の作業のスケジュール調整、品質チェック、是正指示などをする現場管理者が必要なのです。

これは音楽のオーケストラと同じ事で、どんなに音楽的才能に優れたバイオリンやトロンボーンなどの楽器の奏者がいても、音楽全体を指揮する人がいなければオーケストラとして成り立ちません。これが塗装工事にも当てはまるのです。いくら腕の良い職人さんがいても管理者がいなければ工程はバラバラ、品質レベルもバラバラと工事は上手くいきません。

一級建築士や一級建築施工管理技士は直接工事を施工することはないので、塗装工事とは関係のない資格だと言われることもあるようですが、これは大きな間違いです。これらふたつの資格者こそが現場を管理できる技術者なのです。一級塗装技能士は塗装工事の現場を指揮する技術者ではありません。塗装工事の施工を行なう技術者なのです。

大手の施工会社では、一級建築士又は一級建築施工管理技士の資格を持った現場監督さんによるチェックは当たり前に行われていることです。弊社は大手施工会社と同レベルの工事管理体制・技術力を持ち、責任ある塗装工事をお客様に提供できるよう心がけております。

 

経験豊富な職長達

 

ノアーズリフォームの経験豊富な職長達です。彼らは皆、自分の仕事に自信を持ち、お客様の笑顔を見るために日々奮闘しております。1人の力では塗装工事を完成させることは出来ません。作業を行う職人達を統制する職長の能力が重要なのです。

ノアーズリフォームでは常に最新の塗装技術を維持するために社内研修に加え、各塗料メーカーでの技術研修を定期的に行なっております。

「建設業に携わる職人さんは怖い」と思われている方が多いのではないでしょうか?

悲しい事にそれが現実です。現にその辺のコンビニの前や公園などで、作業着を着た人が休憩中に座り込んでタバコを吸っている姿をよく見かけますが、スーツを着たサラリーマンの方々がそのような事をしますでしょうか?それこそが建設作業員が一般の方にあまり良く思われない原因なのです。ノアーズリフォームではそのような事を払拭するため、現場やその周辺での行動や休憩時の場所や格好など、数々の社内ルールを設けております。また、人と人との会話をどのように進めていくのかなどを学ぶ為にプレゼン練習など塗装工事とは直接関係のないように思えるものを取り入れて、実際にお客様のお宅で工事を施工する職人と、お客様との間に信頼関係を構築できるよう教育しております。

 

CSR活動(社会貢献)

 

ノアーズリフォームではさまざまな社会奉仕活動をおこなっております。最近ではグアムにある第二次世界大戦後半に南太平洋で犠牲になった戦没者の方々を慰霊する施設の塗装をしました。

塗魂インターナショナル・塗魂ペインターズという塗装工事会社が集まったボランティア団体による、塗装でできる社会貢献活動に参加させて頂きました。グアム政府とグアム観光局より感謝状も頂き、生涯忘れることのない経験となりました。

日本国内でも全国の幼稚園や小学校などのボランティア塗装工事を行なっております。社会の皆様に支えられている者として社会貢献を行なうことは義務だと思っております。これからもこの理念を推し進めてまいります。

 

戸建住宅塗装工事

 

戸建住宅の塗装工事はマンションなどの大規模な建物と比べて簡単なように思われがちですが、実は大規模な建物とは違った難しさがあります。

木造住宅特有の劣化の仕方、地震や風などで建物がどのような揺れ方をして、外壁のどの部分のどの方向にひび割れが発生するのかなど、建物構造を力学的な面から理解した上で下地の補修をする事が重要となります。

弊社では建物の構造を知り尽くした一級建築士、二級建築士による外壁診断を徹底して行なうことにより、お客様の建物にあった施工方法を自信を持ってご提案いたします。

現在、外壁塗装に関する様々な資格が乱立しておりますが、講習を受けることで貰える民間資格と国家試験により免許を得られるものとでは全く別の物ですので十分に注意が必要です。

外壁塗装工事は一大イベントです。ノアーズリフォームではお客様の御予算に応じた最適なご提案をいたします。新築時のあの喜びをもう一度手に入れましょう。

 

大規模修繕工事

 

ノアーズリフォームはマンション・アパート等の集合住宅やビルの大規模修繕工事を行なっております。一級建築士・一級建築施工管理技士による施工管理で、大手の施工会社と変わらぬ品質を低価格で実現します。

皆様の大切な建物を快適に保ち、維持するための計画的な修繕工事をご提案します。

急な漏水に対しては迅速に対処させていただきますのでお気軽にご相談ください。

 

東京都品川区のお客様の声

外壁塗装は安くないリフォーム工事なので、慎重に業者を選ぶため3社からの相見積りをしました。

ノアーズリフォームさんは、現地を見に来ていただいた現場管理担当者さんをはじめ、職人さん達も非常に対応が良かったです。

また、次回もお願いします!

東京都三鷹市のお客様の声

ノアーズさんで施工中に使用した足場を、他社で契約した太陽光発電を付けるときにも、そのまま使わせていただけるなど柔軟な対応にも感謝です。 

ポスト表札の裏や外部収納扉もきっちり作業していただいて満足しています。

次回もよろしくお願いいたします!

 

株式会社ノアーズリフォームのおすすめ情報

新着情報の一覧 >>
Copyright(c) 2019 株式会社ノアーズリフォーム All Rights Reserved.