鉄筋爆裂補修の工程

鉄筋爆裂補修前

鉄筋爆裂とは鉄筋コンクリート構造の建物で発生する事例で、雨水が外壁の内部に入り込み、中の鉄筋が錆びることで鉄筋が膨張し、周囲のコンクリートを押しのけることで破壊が起こります。このままにしておくと構造耐力の低下に結び付きますので大変危険です。

 

防錆処理

鉄筋の腐食を止めるため防錆剤を塗布します。

 

樹脂モルタル付け

鉄筋の防錆処理が終わったら樹脂モルタルを付けます。

樹脂モルタル成形

樹脂モルタルをコテで綺麗に成形していきます。

 

完了

成形が終わると補修完了です。

この後の塗装工程で周りの塗膜との肌を合わせる、肌合わせ処理を行い、補修跡が目立たなくなるようにします。

Copyright(c) 2019 株式会社ノアーズリフォーム All Rights Reserved.